なるべく早く売りたい
(不動産買取)

  • HOME  >  
  • なるべく早く売りたい(不動産買取)

buy

不動産の売却方法のひとつに「不動産買取」があります。不動産会社が物件を直接買い取る形となるため売却期間が短く、不動産の早期現金化が可能です。「とにかく早く売りたい!」という方におすすめですが、一方で知っておきたいデメリットもあります。そこで、以下では不動産買取の基礎知識や仲介売却との違いについてお話します。不動産買取は名護市で不動産売却・査定を手がける「沖縄かりゆし不動産」にお任せください。

「不動産買取」とは?

「不動産買取」とは?

不動産買取とは、不動産会社が売り主様から、不動産を直接買い取る売却方法を指します。不動産買取のメリットは、不動産をスピーディーに現金化できることです。そもそも買い手が不動産会社なので、別途購入希望者様を見つける必要がありません。取引完了までのプロセスが簡略化される結果、不動産の早期現金化が可能となるのです。また仲介手数料が発生しなかったり、瑕疵担保義務が免責になったりするメリットもあります。とにかく早く不動産を売りたい場合、不動産買取が有効な選択肢になるでしょう。

不動産買取はこんな方におすすめ
  • 早々に不動産を現金化したい
  • 入居希望者が中々現れず、不動産を手放すか悩んでいる
  • 住宅ローンの支払いが困難になった
  • 不動産を売却したいが、売却期間は短くしたい
  • 収益不動産なのに利益が出ない、早く手放したい
  • 周囲に不動産の売却を知られたくない

上記のお悩みを抱えている方は、不動産買取をぜひご検討ください。

不動産買取と仲介売却の比較表

不動産買取と仲介売却には、「買い手」「売却手続き」「売却価格」といった3つの違いがあります。明確に違うのは買い手です。不動産買取の買い手は不動産会社、仲介売却の買い手は一般個人のお客様となります。これらの点を比較し、ご自身に合った売却方法を選んでください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  仲介の場合 買取の場合
買主 一般個人のお客様 不動産会社
売却手続期間 3ヶ月間が目安。買い手を探す必要があるため、基本的に時間がかかる 数日〜数週間が目安。不動産会社が直接購入するため、時間がかからない
売却価格 市場相場を考慮した金額となるため、買取に比べて高くなる 仲介に比べると安め。理由は後述
知っておきたい不動産買取のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 仲介手数料がかからない
  • 早期現金化が可能
  • 売却スケジュールを立てやすい
  • 瑕疵担保義務が免責になる
  • 内覧は基本的に一度のみ
  • 物件の種類を問わず買取可能
  • 周囲に売却を知られにくい
デメリット
  • 売却価格は安め
  • 物件によっては買取に対応できない

沖縄かりゆし不動産が行う不動産買取について

沖縄かりゆし不動産が行う不動産買取について

まずお伝えしたいのは、不動産買取はどうしても売却価格が下がることです。

私どもが買い取った不動産は再度販売することになりますが、その際に発生する事業経費、中古物件の販売リスクなどを加味すると、「買取価格を下げざるを得ない」のが実情です。ご要望次第では仲介売却もご提案しますが、最終的にどちらを選ぶかは、お客様にご判断いただきます。

なお、当社は裁量権・決定権を持つ代表自らが対応しており、スピーディーな買取を実現いたします。これは大手不動産チェーンにはない魅力であり、「沖縄かりゆし不動産」ならではの強みと自負しております。

不動産売却が初めての方はこちらをご覧ください

不動産売却などに関するページはこちら

トップに戻る