なるべく高く売りたい
(仲介売却)

  • HOME  >  
  • なるべく高く売りたい(仲介売却)

agency

価格重視で不動産を売却したいなら、売却活動を不動産会社に一任する仲介売却がおすすめです。不動産買取よりも高く売れるケースが多く、少しでも高く売却したいと考えている方におすすめです。ここでは、不動産売却における仲介売却の特徴とメリット・デメリット、不動産買取との違いについて名護市で不動産売却・査定を手がける「沖縄かりゆし不動産」がご紹介します。

仲介売却〜あなたの「資産」を高く売るために〜

家を売却する理由は、人によってさまざま。例えば、以下のような悩みを抱えてはいませんか?

  • もっと広い家に住みたい
  • 仕事の都合で本土に引っ越すことになった
  • 両親との同居に備えて自宅を売却したい
  • 子どもが成長し、家が手狭に感じる
  • 収益不動産を購入したが、中々利益が出ない
  • リストラされて住宅ローンの支払いが困難
  • 祖父が老人ホームに入居するため、実家を売却したい

大切な資産だからこそ、不動産はできるだけ高く売却したいものです。時間をかけてでも高く売りたいなら、仲介売却をおすすめします。

仲介売却と不動産買取の特徴・違い

不動産売却には、「仲介売却」と「不動産買取」の2種類があります。各方法の特徴と違いを把握し、状況に応じて使い分けるのがポイントです。

仲介売却とは、不動産会社が売り主様と買い主様の仲介役となり、不動産の売却を目指す方法のこと。買い手は一般個人のお客様です。広告掲載や価格交渉など、不動産売却に必要なプロセスを一任できます。一方の不動産買取では、不動産会社が直接買取します。売却活動も不要となるため、早期現金化が可能です。

各売却方法のメリット・デメリット

仲介売却と不動産買取には、それぞれメリット・デメリットが存在します。売却期間と売却価格に明確な違いがあるため、どちらが最適かしっかりと検討しましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  仲介売却 不動産買取
メリット
  • さまざまな売却活動を不動産会社に一任できる
  • 専門知識が不要
  • 価格交渉も任せられる
  • 不動産買取に比べ、高値で売れることが多い
  • 不動産会社が買い取るため早期現金化が可能
  • 仲介手数料がかからない
  • 瑕疵担保責任に問われない
デメリット
  • 売却期間が不定
  • 売却価格が不定
  • リフォーム費用がかかることもある
  • 瑕疵担保責任を問われる可能性がある
  • 売却価格が相場以下
  • 希望売却価格を設定できない

3種類の媒介契約

仲介売却における媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
依頼できる不動産会社 1社のみ 1社のみ 複数社への依頼が可能。ただし「明示型」の場合は依頼先の公表が必要です。「非明示型」の場合は、公表の必要はありません。
売主様が買主様を探す行為 不可 可能。ただし、売主自身が見つけた買主と契約に至った場合、不動産会社が媒介契約履行のために要した費用を支払う必要があります。 可能。売主自身が見つけた買主と契約できます。
不動産会社の義務
場売り状況の報告頻度
1週間に1回以上の報告義務 2週間に1回以上の報告義務 報告義務なし
不動産会社の義務
レインズへの登録
媒介契約締結後、5日以内に登録 媒介契約締結後、7日以内に登録 登録義務なし

専属専任媒介契約と専任媒介契約は、不動産会社1社と媒介契約を結ぶ方式です。前者には「売主様が買主様を探す行為」に制限がかけられるため、たとえ売り主様個人が買い手を見つけても、直接取引はできません。仲介を依頼した不動産会社経由で取引する必要があります。

そのほか、専属専任媒介契約と専属媒介契約では契約締結からREINS(不動産流通機構)への登録義務に期限が決まっていたり、業務報告の頻度がそれぞれに定められたりしています。一方、一般媒介契約はこれらが義務ではなく任意に設定されているのも大きな違いです。

沖縄かりゆし不動産の「お客様に寄り添う仲介売却」

沖縄かりゆし不動産の「お客様に寄り添う仲介売却」

不動産会社の多くは、仲介売却時に専任媒介契約(専属)をおすすめします。これは売り主様に制限をかけることで、不動産会社としての利益を確保するためです。しかし、当社は違います。各契約のメリット・デメリットをご説明した上で、売り主様ご自身に契約方式を決めていただきます。

たとえば、複数社に仲介を依頼する一般媒介。一見効率的に思えますが、ご自身が窓口となり売却活動を進めるため、本業がある方には負担が大きいかもしれません。その点、専任媒介契約はほとんどの売却活動を不動産会社に一任できます。不動産の売却活動には、時間と労力がかかるもの。「その負担をどうやって軽減するか?」も考えなければなりません。

当社は1,000件以上の不動産取引実績を誇る代表自らが対応。不動産業界で16年間培った知識・ノウハウを駆使し、売り主様の不動産売却を支援いたします。また当社では、ドローンによる上空撮影など、最新テクノロジーを用いたPR戦略も行っております。「どうしたら魅力的な物件に見えるか?」を日々考え、不動産が持つ“価値”を伝えていきます。

リゾート物件も沖縄かりゆし不動産にお任せください

リゾート物件も沖縄かりゆし不動産にお任せを

リゾート物件の不動産取引は、「沖縄かりゆし不動産」の得意領域です。当社は東京・大阪の不動産会社様と業務提携を行い、独自の流通ネットワークを構築。物件情報は日本語のみならず、英文表記でも公開しております。それにより、海外からのお客様の集客に成功しています。近年はオーシャンビューを望める物件が人気を博しているため、売却を検討中の方はぜひ当社にご相談ください。

不動産売却が初めての方はこちらをご覧ください

不動産売却などに関するページはこちら

トップに戻る